徐々に肌が変化していく30代の基礎化粧品選びのポイント

肌質の変化に対応するため

30代の基礎化粧品が人気なのは、肌質の変化に対応できるためです。またエイジングケアができる点でも、30代の女性たちの人気を集めています。選ぶ際には、セラミドやヒアルロン酸など、保湿効果が高いものを選ぶのがオススメです。

配合成分に注目して選ぶ

レディ

やさしく丁寧にケア

30代になると、お肌にも様々な変化が出始めます。これまでと同じスキンケアでは物足りなさを感じたり、お肌の悩みが増えたと感じるときは、30代という年代に合った基礎化粧品に切り替えてみるとよいでしょう。30代に合う基礎化粧品を正しく選び、正しく使うことで満足できるスキンケアが実現します。30代に合う基礎化粧品の正しい選び方は、まず配合されている成分に注目することです。30代のお肌は、20代のときに比べて乾燥しやすくなります。お肌の乾燥はシワはもちろんのこと、くすみやたるみ、大人のニキビなど、様々な肌トラブルを引き起こす原因になると言われています。そのため、30代になったら保湿を重視するためにもセラミドやヒアルロン酸が配合された基礎化粧品を選ぶようにしましょう。また、30代のお肌はターンオーバーが乱れやすくなるため、くすみが気になるという人もいらっしゃるかもしれません。そんなときは、ピーリング効果があるAHAが配合された洗顔石けんや拭き取り化粧水を取り入れるとターンオーバーが正常になって、くすみが改善します。さらに、くすみとシミのケアを行うために、ビタミンC誘導体やハイドロキノンが配合された化粧品で美白ケアを続けるのもよい方法です。もちろん、これらの基礎化粧品を正しく使ってスキンケアを行うことも大切です。適量を手にとって、お肌に刺激を与えないように、やさしく丁寧になじませるのが基本です。強くパッティングしたり、こすってしまうと、それが刺激になってシミやシワの原因になりますので十分に気をつけましょう。

化粧水

基本的なポイントは

お肌の乾燥が気になる30代の女性は、クリームや導入美容液など、若い頃とは少し違う基礎化粧品を取り入れて肌のコンディションを整えましょう。できるだけ自分の肌に合う基礎化粧品を見つけるために、情報を集めることが大切です。

ウーマン

悩みを改善する機能を

30代からの基礎化粧品は、さまざまなトラブルを改善するための、高機能商品であることも多いものです。おすすめできる基礎化粧品として、まず重要なのは保湿力の高さです。そして自分自身の悩みを解決してくれる特徴を持つ製品を選んでください。